季節のお菓子レッスンレポートやイベントなどに関する新着情報をお届け

最新ニュース一覧
  •  
    レッスン
    アイコン2020年6月1日 <重要>感染拡大防止の取り組みと皆様へのお願い

    緊急事態宣言解除に伴い、6月20日(土)よりお教室レッスンを再開します。 本日よりお申込み受付しております。 レッスン再開にあたり、生徒の皆様の安全、安心の確保を最優先に考え、 万全の態勢でお迎えできるように努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

    ●体調不良、発熱のある方はレッスンの参加をお控えいただきますようお願いします。
    ●レッスン時はマスク着用(必須)をお願いします。
    ●入室されましたら最初に手の消毒をお願いします。
    ●1レッスンの人数は3〜4名といたします。
    ●消毒などを行う為、週末の午前と午後のレッスンは入れ替え制にします。
    *今までのように続けてレッスンを受講することはできません。
    ●午前は10時から13時、午後は14時から17時、いずれも10分前からの入室となります。
    *午前のレッスンが長引いた場合、14時からのレッスン(入室)が若干遅れることもあります。
    ●2つのお菓子を作る場合、13時までに2つが終了しない場合は一旦退出後、 14時から続きを行います。
    ●4月に予定しておりましたエキスパートコースのシュークラス、パイクラスの発表会は 当面の間、開催は難しいと判断、延期いたします。

  •  
    レッスン
    アイコン2020年5月5日 緊急事態宣言の延長に伴い、お教室でのレッスンは5月末までお休み延長となります。
  •  
    レッスン
    アイコン 2020年4月7日 政府の緊急事態宣言に伴い、すべてのレッスンは5月6日までお休みとなります。
  •  
    レッスン
    アイコン 2020年4月2日 東京都知事の外出自粛要請に伴い、当面の間すべてのレッスンを中止します。

    既に4月のお申込みをたくさんいただいておりましたが全てを白紙とします。 大変残念なのですが、4月19日(日)に予定しておりました、エキスパートコースの発表会も延期とします。 先行きがあまりにも不透明なため、今後の状況を踏まえ、レッスンを再開する予定です。それまでの間、ホームページからのお申込み、ご予約はCloseさせていただきます。

  •  
    レッスン
    アイコン2020年3月 新型コロナウイルスに対する対応について

    新型コロナウイルスに対する対応について以下のとおり対応させていただきます。 ご参加される皆様が安心して受講できますよう、ご理解、ご協力の程どうぞよろしくお願いいたします。

    ●レッスン日程、スケジュールについて 感染予防に十分配慮の上、レッスンスケジュール通りの開催を予定しております。 レッスン中止にするクラスについては、受講予定の方へメールでお知らせいたします。


    ●教室内の除菌について レッスン前にお教室内(ドアノブなど人の手や身体が降れる箇所)や使用器具(ゴムベラ、泡だて器、ハンドミキサーなど)の除菌作業を行います。また都度窓を開けての換気を行います。

    ●受講される皆様へのお願い 下記に該当される方はレッスン受講をお控えいただきますようお願いします。
    ・風邪の症状(咳、咽頭痛、倦怠感など)、37.5度以上の熱がある方、発熱後3日以内の方
    ・同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる、そのほか新型コロナウイルスに感染可能性の疑い、症状がある方。
    ・2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要と発表されている国、地域への渡航、並びに当該在住者との濃厚接触がある方
    *講師も同様に検温を実施し風邪の症状や、37度以上の熱がある場合にはレッスンを中止いたします。 お教室に入室しましたら手指の消毒、手洗い、うがい、マスク着用をお願いします。

    ●キャンセル・振替について 3月中のレッスンお申込みについては、キャンセル、お振替、返金依頼に無料で対応いたします。準備がありますので、なるべくお早目にご連絡いただけますよう、お願いいたします。

  • Photo
    レッスン
    アイコン2018年12月 クリスマスレッスン

    12月9日〜24日にクリスマスレッスンを行いました。2018クリスマスの4メニューは下記のとおり。一番人気はジャンドージャ・サンドクッキーでした。
    〇ジャンドージャ・モンブラン
    〇ノエル・ジャンドージャ
    〇ケーク・ノワゼット
    〇ジャンドージャ・サンドクッキー

    PhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhotoPhoto
  • Photo
    レッスン
    アイコン2018年11月、12月 クリスマスカップケーキ親子教室

    11月24日、12月1日、8日の3回にわたり、渋谷区恵比寿社会教育館にて「クリスマスのチョコレートカップケーキ」親子教室の講師を務めました。日頃とは違う外部レッスン、小学生のお子様達は思った以上に上手にカップケーキを作っていました。

    PhotoPhotoPhotoPhoto
  • Photo
    レッスン
    アイコン2018年12月 “失敗”から学ぶ成功する基本のお菓子 ナッペ編

    お菓子・パン材料、ラッピング資材の通販cottaさんのサイトで“失敗”から学ぶ成功する基本のお菓子「ナッペ編」を公開しました。「ボソボソする」「削れる」という失敗がないよう、全行程写真付きで分かりやすく解説しています。

    Photo
  • Photo
    レッスン
    アイコン2018年10月14日 エキスパートコース(シュー&バターケーキクラス)発表会

    4月からスタートしましたエキスパートコース(シュー&バターケーキクラス)の発表会を行いました。今回も受講された皆様が試行錯誤して考案した素敵な作品が並びました。

    PhotoPhoto
    〜受講された皆様の作品〜
    Photo
    2016年10月ご入会 村澤さんのバターケーキ作品
    「ブランデーとラムのフルーツクグロフ」
    Photo
    <講師講評>
    中に入れるドライフルーツにこだわり、生地にはキャラメルも加えて、ブランデイー、赤ワインと共に深い味わいに仕上がっています。別立て法の生地で更にしっとり感抜群!!
    テンパリングしたチョコレートをデコレーションに使い、高度な技術を取り入れた作品です。

    <村澤さん受講した感想>
    バターケーキは日持ちが良く、また、工夫次第でバリエーションが多いので、楽しくレッスンを受けることができました。
    製法の違いと、その理由を学ぶことができて、レシピを見てもよくわかるようになりました。
    バターと卵を滑らかに混ぜるための温度管理について理解できたことがお菓子作りへの自信につながりました。

     <作品作りで工夫したこと、苦労したこと>
    フルーツのマリネがちょうどよいおいしさになる様に赤ワインとドライフルーツの選択にこだわりました。また、ラム酒とブランディーの香りを残してアルコールが強すぎないように熱いシロップと混ぜるなどの工夫をしました。
     
    バター、卵など、材料の温度が難しかったです。特に、カラメルを混ぜる時のバターとカラメルの温度がちょうど35度くらいでないと、滑らかに混ざりません。最初は、カラメルが固まってしまいました。2回目は、カラメルの温度が高く、バターが解けてしましました。バターを氷のボウルにあてたり外したり、卵やカラメルの温度を測りながらのこまめな調整をしました。
    Photo
    2013年7月ご入会 佐久間さんのシュー作品
    「和栗のシューケーキ」

    Photo

    <講師講評>
    一番下に土台のスポンジ
    カシスジャム
    シュー生地
    渋皮煮入り和栗のカスタードクリーム
    シュー生地
    マスカルポーネクリーム
    一番上にシュー生地がのってます。
     シュー生地を膨らませてクリームを詰めるのではなくシュー生地を薄く焼いてクレープのように使った作品です。お手製の渋皮煮、カスタードクリームにはほんのりラム酒が効いていて高級感溢れる作品になりました。

    <佐久間さん受講した感想>
    たかがシューと思っていましたが、シュー生地を使用したお菓子もいろいろあることもわかりました。
    また、生地の混ぜ方や卵の分量で出来上がりに差が出ることも勉強できました。まだまだきれいな生地が作れないので、今後も練習してきれいなシューが焼けるようにしたいと思います。
     
    <作品作りで工夫したこと、苦労したこと>
    渋皮煮を手作りし、甘さを調整しました。シュー生地を天板に平らにするのが、想像していたよりも難しかったです。最終的には絞り出すことにしました。事前に渋皮煮、ジャム、スポンジを作っておきましたが、クリームが2種類あったこともあり、思ったよりも組み立て完了までに時間がかかりました。

    Photo
    2017年1月ご入会 細川さんのバターケーキ作品
    「無花果のテリーヌ」

    Photo

    <講師講評>
    基本のケーキをいちじくとアメリカンチェリーでアレンジした、高級感あふれるショートケーキに仕上がりました。サンドに使用したのはフレッシュいちじくだけでなく、自家製いちじくジャムでオリジナリティを出したのも◎。スポンジに使用する薄力粉と、生地の比重にこだわった、しっとりスポンジは完璧です。

    <細川さん受講した感想>
    ケーキを熟成するとパサパサした感じがおさまりしっとりした感じに変わってゆく事を知って変化が楽しいなと思いました。バターを使ったケーキは日持ちがして贈る菓子になるので覚えたいと思って受講しました。ふんわりが良いのか、しっかりが良いのかで卵と生地の合わせ方や溶かして混ぜるなどの製法の違いがわかりました。また、気泡の残し具合でどっしりしたお菓子にもなるし、バターに澱粉を合わせるとグルテンの繋がりが弱くなってもろい感じに仕上がるということを知りました。
       
    <作品作りで工夫したこと、苦労したこと>
    しっとりしたコンポートがバターケーキに染み込んだ、秋らしいお菓子をイメージしました。フレッシュの果物をそのまま使うと水分が多く焼き時間が長くなるのでフレッシュいちじくをセミドライとコンポートの2種類のフィリングに形を変えて使いました。ザブレとバターケーキの間にはコンポートをさらに煮詰めたジャムが入っています。  

  • Photo
    レッスン
    アイコン2018年10月 “失敗”から学ぶ成功する基本のお菓子 バタークリーム編

    お菓子・パン材料、ラッピング資材の通販cottaさんのサイトで“失敗”から学ぶ成功する基本のお菓子「バタークリーム編を公開しました。「油っぽい・ダレる」「分離している・ダマがある」という失敗がないよう、全行程写真付きで分かりやすく解説しています。

    Photo
  • Photo
    レッスン
    アイコン2018年9月 “失敗”から学ぶ成功する基本のお菓子 ダックワーズ編

    お菓子・パン材料、ラッピング資材の通販cottaさんのサイトで“失敗”から学ぶ成功する基本のお菓子「ダックワーズ編」を公開しました。「形が崩れる」「広がる・薄い」という失敗がないよう、全行程写真付きで分かりやすく解説しています。

    Photo
  • Photo
    レッスン
    アイコン2018年9月 おすすめのお菓子教室人気ランキング

    専門家やプロなどから構成されたクリエイターおすすめのモノを紹介するサイト「my best」の東京都内のお菓子教室人気ランキングで1位に選ばれました。

  • Photo
    レッスン
    アイコン2018年7月29日 エキスパートコース(ビスキュイクラス)発表会

    1月からスタートしましたエキスパートコース(ビスキュイクラス)の発表会を行いました。今回も素敵な作品が並びました。

    PhotoPhoto
    〜受講された皆様の作品〜
    Photo
    2016年10月ご入会 村澤さんの作品
    「夏のフルーツジャムケーキ」
    Photo
    <講師講評>
    贅沢な自家製ジャムを使ったケーキ。上面デコレーションのジャムがまるで宝石のように輝いているのは、ひと手間も二手間もかけて丁寧に作られているから。別立て法のスポンジが4段、ジャムでサンドされていて断面も綺麗な仕上がりです。カットしても3種類のジャムが味わえるように、形とデコレーションのアイデアがGoodです。

    <村澤さんコメント>
    作品を作る際に工夫したこと
    ジャムをデコレーションに使うことは、以前から考えていましたが、実際に使用してみると、綺麗にできませんでした。先生から、裏ごしすることや、使用するフルーツについてアドバイスをいただきました。フルーツの選択とジャムの使い方を工夫しました。
     
    作品を作る際に苦労したこと
    デコレーションが、何と言っても難しかったです。生クリームの泡立てのちょうど良い状態の見極めや、絞りの加減が、なかなかうまくできませんでした。もっと練習を重ねて上手になりたいと思います。
     
    ビスキュイクラスを受講して
    生地については、比重を計ることで、いつでも安定して美味しい生地をつくることを学びました。デコレーションのクリームと生地の組み合わせについても、学びました。生クリームのナッペのしかた、絞りについても学びました。
    ビスキュイクラスは、これぞケーキという勉強で、難しかったけれど、受講して良かったと思います。
    Photo
    2012年3月ご入会 染谷さんの作品
    「マンゴーとパイナップルのココナッツケーキ」

    Photo

    <講師講評>
    パイナップル、マンゴーなどのフルーツとココナッツのケーキ。アーモンドたっぷりのスポンジ生地にココナッツを加えて食感をプラス、マンゴーピュレを使ったバタークリームとの相性ばっちり。上面のココナッツ入りの生クリームデコレーションは見た目、味とも爽やかさを出しています。生地、シロップ、クリーム、フルーツと複雑な構成をうまくまとめた上級者の作品です。

    <染谷さんコメント>
    作品を作るのに苦労したこと
    真夏に食べやすいフルーツの甘酸っぱいケーキを作りたいと思いました。普通はフワフワのスポンジ生地にクリームシャンティが合うと思いますが、オリジナルケーキを作るなら何か違うものをと考え、好きなジョコンド生地で夏らしいマンゴーとパイナップルとを組み合わせることにしました。パイナップルケーキのジャムとマンゴーのピューレでバタークリームを作り組み立てましたが。上のフルーツにはココナッツ味を入れた方が美味しいとアドバイスを受け、ココナッツミルクのシロップと生地にココナッツファイン、上の絞りにクリームシャンティにココナッツミルクを加えました。ココナッツ入りのジェノワーズを受講していないので配合が難しかったです。
     
     ビスキュイクラスを受講して
    家族が好きだけど、作るのは苦手なイチゴのショートケーキが、きれいに作れるようになったらいいなと思い受講しました。ナッペと絞りの練習は大変でしたが、貴重な体験でした。比重を教えてもらえたのもとてもよかったです。安定してスポンジケーキが作れるようになりました。ナッペも絞りもまだまだですが、ケーキ作りがますます楽しくなりました。

    Photo
    2013年7月ご入会 佐久間さんの作品
    「大人の無花果ケーキ」

    Photo

    <講師講評>
    基本のケーキをいちじくとアメリカンチェリーでアレンジした、高級感あふれるショートケーキに仕上がりました。。サンドに使用したのはフレッシュいちじくだけでなく、自家製いちじくジャムでオリジナリティを出したのも◎。スポンジに使用する薄力粉と、生地の比重にこだわった、しっとりスポンジは完璧です。

    <佐久間さんコメント>
    作品を作る際に工夫したこと
    スポンジの比重を43 前後で作るとふわふわすぎてでスポンの扱いが難しかったので、比重を50で作りました。
    ナッペがなかなかうまくいかず、ナッペ用の生クリームは自分が最適と感じたよりもゆるい出来上がりに生クリームを泡立て、デコレーションは更に少し手で泡立てで使用しました。

    ビスキュイクラスを受講して
    昔に比べて、個人的にはデコレーションしたケーキを食べることも少なくなりました。そのため迷いましたが、一般には「ケーキ」というとビスキュイクラスで習ったような焼きっぱなしではなく、デコレーションしたものを思い浮かべる方が多いと思います。ビスキュイはやっぱりケーキの王道ということで受講を決めました。比重を量ることやデコレーションに四苦八苦しましたが、試験を終えるころにはスポンジもきれいに焼けるようになり、デコレーションも楽しくなってきました。これからも自分で食べることは少ないかもしれませんが、会社のイベントの時にはデコレーションケーキを作って差し入れたいと思います。

2020 /07/05 8月の1dayお菓子レッスンメニューを公開しました。 パイナップルを使用した夏のお菓子をご紹介します。
2020 /06/08 7月の菓子のオンラインレッスンメニューを公開しました。1dayレッスン同様、アメリカンチェリーを使用したお菓子をご紹介します。
2020 /06/01 6月・7月お菓子1dayレッスンの新メニューを発表しました。アメリカンチェリーやオレンジを使用したお菓子、ケーキをご紹介します。
2020 /06/01 緊急事態宣言解除に伴い、6月20日(土)よりお教室レッスンを再開します。生徒の皆様の安全、安心の確保を考え、「感染拡大防止の取り組みと皆様へのお願い」をご覧の上、ご参加いただきますようお願いいたします。
2020 /05/05

緊急事態宣言の延長に伴い、お教室でのレッスンは5月末までお休み延長となります。

2020 /04/07

政府の緊急事態宣言に伴い、すべてのレッスンは5月6日までお休みとなります。

2020 /04/02

東京都知事の外出自粛要請に伴い、当面の間すべてのレッスンを中止します。

2020 /03/31 新型コロナウイルス感染拡大防止の外出自粛要請に伴い、レッスンのお申込み受付を一時中止しました。
2020 /03/14 新型コロナウイルスに対する対応について
2020 /02/09 2020年3月1dayのお菓子レッスンを公開しました。過去大人気だったフレジエピスターシュやナポレオンパイ、最近人気のバスクチーズケーキをご紹介します。ホワイトデーにぴったりなハート型のタルトもオススメです。
2019/12/31 2020バレンタインレッスンメニューを公開しました。2020バレンタインのテーマはハート愛いっぱいのハート形の手作りお菓子を作りましょう。4つのメニューからお選びいただけます。
2019/12/01 2020年1月1dayのお菓子レッスンを公開しました。新年は子年にちなんでガトーエリソンを作りましょう。「エリソン」は仏語ではりねずみの意味で、古くから幸せを運ぶ動物として親しまれ、ガトーエリソンは幸せを運ぶお菓子といわれます。その他、パイ生地のお菓子やクロワッサンもご紹介します。
2019/06/16 7月の1dayクラスのお菓子レッスンメニューを追加しました。トロピカルフルーツとピスタチオを使ったオペラ風ケーキ、スフレとレア、2種類のチーズケーキとブルーベリーを組み合わせたチーズケーキ、どちらも上級者向けのレッスンとなります。
2019/06/09 6月 1dayお菓子レッスン追加メニュー、7月1dayお菓子レッスンメニューを公開しました。6月は引き続きピスタチオ、抹茶を使用したお菓子をご紹介。7月はパイナップル、パッションフルーツ、マンゴーなど夏のフルーツ使用したお菓子をご紹介します。

ページのTOPへ